「パリの橋ものがたり」

ciaoparis おすすめ!





style="display:inline-block;width:728px;height:90px"
data-ad-client="ca-pub-4731346482277067"
data-ad-slot="3639876638">




パリ:セーヌ河畔は世界遺産です。ごゆっくりお散歩ください。

最新ニュース

  • 1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
    Loading...
    右岸のシャンゼリゼ方面から左岸に渡るときに最も多く通る道筋であるため、1983年にもリフォームされテイル。今日ではペリフェリックを除くパリの橋の中で、最も交通量が多い橋だ。車やバスで、コンコルド広場からこの橋を通ってみるとわかるが、この橋の車量の多さと言ったら半端ない。信号なんかあって泣きがごとき無...
    詳しくはこちら
  • 1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
    Loading...
    王政復古の時代(ナポレオンが没落した後の1814年から1830年まで)に、これらの彫像は12体の大理石像に取り替えられた。 その12人とは以下の通り: 4人の偉大な大臣:コルベール、リシュリュー、シュジェール、シュリー 4人の陸軍軍人:バイヤール、ルイ1世コンデ公、デュ・ゲクラン、...
    詳しくはこちら
  • 1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
    Loading...
    凱旋門からシャンゼリゼ大通りがぶつかったところに位置するコンコルド広場から左岸に渡る橋が、コンコルド橋だ。 この橋は、最初の名前をルイ16世橋、革命橋、コンコルド橋と、歴史とともにその名前が変わっていった。革命時代にはこの広場に断頭台が設置され、怒りに燃えた群衆たちの面前で、ルイ16世...
    詳しくはこちら
  • 1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
    Loading...
      オルセー美術館から道路を渡った橋のたもとに彫像が立っている。見ると、おや、トーマス・ジェファソンだ。アメリカ独立宣言の作者であり、信教の自由を求めたバージ ニアの法の作者、そしてバージニア大学の父。歴史上の超有名人だが、アメリカ人の彼がなぜここに? たしかにジェファ...
    詳しくはこちら

おすすめグルメ

おすすめジュエリー

おすすめDVDなど