tolbiac_9

ナシオナル橋とベルシー橋(シモーヌ・ド・ボーヴォワール橋の次)の間が1200mと離れ過ぎていたため、工場地帯の交通の便の改善を図るため、 1879年から1882年にかけて建設された。1890年に破損、1895年に再建されたものだが、最近改装されたようだ。散歩した人が休めるように、質 素ながらベンチまでついている。河畔もすっかり整備され、ベイエリアとして快適な散歩ができるようになった。長さ168m(5つのアーチ:29m、 32m,35m、32m、29m)、幅20m(自転車道を含む車道12m、左右の歩道4m)の石造り。シンプルだが、遠めには手すりがレースのように見え てなかなか美しい。

banc-P res_bateau

これといって特徴のない橋であるが、一つだけ歴史に名を残した。中央にある記念碑がそれを物語っている。私が行ったときには花束が添えられていた。 曰く「パリを救うためここで命を落としたフランスの飛行士の思い出に」F.A.F.L(フランス解放空軍)飛行作戦部隊Lorraineの戦死者の名前が 刻まれているのだ。(その3に続く)