ministre

右側のベルシー河畔(12区)にすらりとした建物が、やはり橋のように車道をまたいで建っている。フランス財務省(新大蔵省)である。右側の屋上にはヘリポートが設置され、足下のセーヌ川には専用のボート「コンコルド」が要人の出発に備えていつでも発てるように待機している。スパイ映画のロケに使えそうだ。その手前は、スポーツ大会や大々的なコンサートが催されるベルシー競技場。映画の殿堂シネマテーク・フランセーズもその先に越してきた。

concordo_spassage_s

左岸(13区)にはご存知BNF国立ミッテラン図書館がそびえ、ベルシー橋とシモーヌ・ド・ボーヴォワール橋との間には水上プール、ジョセフィン・ ベーカーがある。夏はどんなに気持ちいいだろう。パリ最新の地下鉄14番線が伸びているが、無人運行のため、大々的なストのときでも止まらない快適かつ最新設備の路線だ。(その3に続く)