Canal2

オステルリッツ橋から川下を望むと、1kmほど先の右手にサンルイ島のしっぽがある。左手の遥か向こうに鋭い塔の切っ先が見えるのがノートルダム大聖 堂。もう中心に近づいてきたのだ。

セーヌ左岸には動物園&植物園Jardin de Planteがあり、散歩にはもってこいの場所である。猛獣館とか猿小屋とかがパリのど真ん中の5区にあるのは驚く。夜遅くまでひっきりなしに通る車の排 気ガスやセーヌ川のバトームーシュの照明やガイドアナウンスは、動物にとっていい迷惑ではないだろうか。

JDP_ent_SJDP_pln

年々行き場所を失っているホームレスもこの橋のたもとに暮らしている。これまで見てきた開発の進んだ港湾地域のりっぱな散歩道では居場所がなかった が、この界隈にはテントの集落ができている。動物園&植物園の緑が息をつかせるのかもしれない。植物園の奥に恐竜博物館がある。子供が無料なうちにぜひ行きたいところだ。

「花の都」パリのセーヌ川は誰が見ても美 しい。この先は河畔に大きな彫刻が点在した散歩道が続く(野外彫刻博物館という名称で呼ばれてます)。夏の夜には花火があがり、タンゴ愛好家が集まって 踊ったりしている。そんなときは動物もホームレスも、夜空に花火をあおぎ、タンゴを聴きながら眠るのだ。

Avec ma Maman 子どもと行くパリの旅案内 / にむらじゅんこ 【単行本】