t_toori

フィクションから現実の話に戻ろう。
毎 年7月恒例の自転車競技ツール・ド・フランスのスピードマンたちが、セーヌ左岸を川沿いに駆け抜けて右岸に渡るのが、このロワイヤル橋である。選手たち は、正面のフローラ・パビリオンの左端角を目の端にとらえながらあっというまに橋を渡り、流れるようにやや斜め左に逸れてジェネラル・ルモニエ (Générale Lemonnier)大通りの地下道に吸い込まれる。

t_ru_bru
上 がチュイルリー公園になっている地下道はおおよそ200mぐらいか。数秒で上がったところに出現する金ぴかの「オルレアンの乙女」にご対面、その鼻先のリ ヴォリ(Rivoli)通りをさっと左折する。あとは道なりにチュイルリー公園の横を抜け、コンコルド広場を半円形に回り、シャンゼリゼ大通りに入ったら 正面の凱旋門めがけて疾走し、ゴールへ・・・

ts_piramiddo

い ま、これを書いていて気がついたのだが、じつはフランス中部の都市オルレアンにもロワイヤル橋があるのだ。ブロンズ金メッキのジャンヌ・ダルク像がここに 建造されたのは1874年のこと。二つのロワイヤル橋との関連はどこを調べても出て来なかった。果たして偶然だろうか・・・。