2014年05月の記事一覧

Vol.008 『第二の性』、シモーヌ・ド・ボーボワール その4

木製の波打つ表面を渡っていくと、屋根つきの休憩所にベ ンチが置かれている。両岸をつなぐだけの機能的な通り道ではなく、市民の憩いの場でもあるのだ。他の歩道橋のように、ここでピクニックや野外パーティを楽 しむこともできるだろ […]

...続きを読む

Vol.007 『第二の性』、シモーヌ・ド・ボーボワール その3

セーヌ川のこの地域はとくに川幅が広くなる。だが、「川に障害物をおきたくなかった」ファイヒティンガーは「パリの橋がほとんどそうであるよう に」アーチ橋を望むが、構想に際し彼が描いたのは「あまり筋肉を見せない」曲線的な橋だっ […]

...続きを読む

Vol.006 『第二の性』、シモーヌ・ド・ボーボワール その2

橋が「男性」か「女性」かはよくわからない議論だが、たしかにマリー橋Le Pont Marieを除くと、パリの橋についている人の名前はみな男性だ。この際、フランス語の pont が男性名詞で passerelle が女性名 […]

...続きを読む

おすすめグルメ

おすすめジュエリー

おすすめDVDなど