2014年05月の記事一覧

Vol.005 『第二の性』、シモーヌ・ド・ボーボワール橋 その1

今度は一番新しい橋、と思って調べてみると、これがなんと37番目だった。前回、32と言ったのに、数が合わない! 「パリの橋ものがたり」を始めるに あたって、私は、東西パリ郊外との境目にある名前のない橋は除いた。それから、列 […]

...続きを読む

Vol.004 ポン・ヌフ:パリに現存する一番古い「新橋」 その4

さて、ブデット・ド・ポン・ヌフの船着き場から再び階段を上って橋の上に出ると、セーヌ右岸にサマリテーヌがある。2005年に閉店したままのデパート跡だ。かつてはその名の意味通り(サマリヤ人)、ルーブル宮への給水場があったとこ […]

...続きを読む

Vol.003 ポン・ヌフ:パリに現存する一番古い「新橋」 その3

これまでと違って建物のないポン・ヌフには、ほかにも4つの新しい特徴があった: ・20mを超える橋幅(最初は建物も同時に建築する予定だった) ・歩道がある(その後200年もの間、パリのどの橋にも歩道はなかった) ・橋の両脇 […]

...続きを読む

おすすめグルメ

おすすめジュエリー

おすすめDVDなど